中国のペット事情

茶色の犬が本当は…?業者による「毛染め」の残酷―中国

愛犬を二重まぶたやパンダ風に!ペット整形が大流行、虐待との批判も


中国っていう国はもう何でもありになってるな。

「売れればいい、金になりさえすればいい」
全てはその理屈の上に成り立っているようだ。

社会主義もどきであり、資本主義もどきでもある変テコリンな国、中国。
これから先、どのような道を辿っていくのだろう・・・。



タグ:中国 ペット
posted by shin at 01:25 | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。